SDGs宣言

プリアートコーポレーションのSDGs

プリアートコーポレーションは社会の課題解決に貢献する企業として、国連サミットで提唱された国際社会全体の目標である「SDGs(Sustainable Development Goals・持続可能な開発目標)」の達成に寄与できるよう、適切な労働環境の実現や省エネの推進、法令遵守、製品安全に関する組織体制づくりを通して社会の持続的発展や人と社会、地球がともにつながる安心で豊かな地域社会の実現に貢献しています。
具体的には、名古屋市の推進する「名古屋市SDGs推進プラットフォーム」会員として、名古屋市とともに持続可能な開発目標の達成に向けた取り組みを行っております。

プリアートコーポレーションのSDGsに向けた取り組み
1.適切な労働環境の実現へ
適切な労働環境の実現に向け、労働時間などの就業規定を定め、従業員が安心して働ける環境の整備に取り組んでいます。また、協会けんぽの健康企業宣言を行い、健康診断受診の促進など従業員の健康意識を向上させる取り組みを行なっています。また、女性や高齢者を積極的に雇用し、ダイバーシティ経営を推進しています。

2.省エネの推進など環境に配慮した取り組み
LED照明を導入し省エネに取り組んでいるほか、太陽光発電に向けた申請手続きを進めており、再生エネルギーの利用に向けた取り組みも行っています。また、ガソリンや水資源を適切な使用量で使用し、印刷に使用する用紙もFSC認証紙を積極的に活用して紙資源の有効活用を図っています。

3.SDGsに対する組織体制の構築
法令遵守や不正な競争防止に向け、就業規定にて明文化しています。今後は個人情報保護、経営理念明文化などに向けた取り組みも視野に入れ、SDGsに対する組織体制の強化に取り組んでいます。

4.製品安全に向けた取り組み
紙資源をプラスチック製品の代替として使用するなど、廃プラスチック削減に向けた取り組みを行っています。製品安全に関しては事故予防や再発防止に向けて組織体制を構築、役割を明確化することで製品安全に対する意識向上を図っています。

5.社会・地域への貢献活動
印刷に使用するインク塗料臭が外部に漏れないよう外部排出規制に取り組んでいます。また、機械音などの騒音を防止する目的として防音壁を設置し、地域住民の皆様が快適に生活を過ごせるよう配慮を行っています。地域への法人会を通じて防災活動への参加や愛知労働局主催の職場体験の受け入れなども行い、社会や地域コミュニティと積極的な関わりを持つよう取り組んでいます。